スーパーの店員さんに赤ちゃんが手を振り「バイバイ」。よくある1コマですね。赤ちゃんが手を振ってくれる、それだけで可愛いね!上手だね!と、褒めたくなります。おしゃべりはこれからの赤ちゃんでも、「バイバイ」や「いただきます」「ごちそうさま」などの仕草を覚えることは、珍しくありませんね。それもそのはず、実は赤ちゃん、10ヶ月ころにはおおよそ80語を理解しているそうですよ!

おしゃべりはまだこれからな赤ちゃん、でも、手を動かすことはできます。手は使えるから「バイバイ」などの仕草をするわけです。もし、赤ちゃんが、「ミルク」「もっと」「痛い」など、それぞれの仕草を知っていたら・・・赤ちゃんは、手を使って言いたいことを伝えてくれるはず、それが、ベビーサインです。手話やジェスチャーを取り入れて育児をするベビーサイン育児。おしゃべり前の赤ちゃんとのコミュニケーションを可能にします。赤ちゃんが自分で自分の気持ちを伝えてくれる、ベビーサインはとっても楽しい育児法です!

 

文:野本ひさえ

【コラム筆者紹介】野本ひさえ
2014年に西尾市、2016年に岡崎市にて日本ベビーサイン協会認定
MeandFamilyベビーサイン教室を開講。自身の3人の子供達と3度のベビーサイン育児を経験。赤ちゃんとのコミュニケーションの楽しみ方をアドバイスし、楽しめる子育てをサポート。日本おひるねアート協会認定講師としても活動中。